FAQ

Q
詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
A
はい。HBLabには日本語が堪能なエンジニアが多数在籍しております。また、既に日本のパートナー企業との開発実績もあり、コミュニケーション面 を円滑に進められるようにノウハウを蓄積させております。作業前の認識合わせの打ち合わせや、不明点があるの際は確認の為ためのミーティングを都度行うなど 積極的にコミュニケーションをとることにより、言語や距離による壁を 乗り越えられるよう常に努めております。
Q
開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
A
はい。可能です。現在も多数の保守案件に携わっております。
Q
オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
A
必ず高品質のサービスをお届けいたします。高品質を保証するために開発期間中は日本にエンジニアが日本に滞在しており、迅速な対応が可能な体制をとっております。
Q
オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
A
貴社に合った体制を提案いたします。ご準備いただく資料としては、設計書等の仕様が明確となっている資料と なります。(仕様書のテンプレートも用意しております)
Q
業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
A
はい。可能です。弊社には日本語の堪能なブリッジSEがいるほか日本での業務システム開発を経験したエンジニアが在籍しております。また仕様が複雑な場合は、弊社のエンジニアが来日して仕様の理解をする期間を設けます。
Q
AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
A
はい。AI技術に知見が深いエンジニアが在籍しているほか、ハノイ工科大学AICS研究チームと連携を行っている株式会社アジラと業務提携をしているため、研究のお手伝いは可能です。また、弊社にはDeeplearning専用の開発環境も用意しております。